トップページ » 宇都宮市ビル転落死の作業員2人、死因判明
週間番組表
月~木曜日 金曜日
土曜日 日曜日
タイムテーブル

4月タイムテーブル

新しいタイムテーブルが出来ました!

CRT秋のレジャーマップ

秋のレジャーマップ

秋のレジャーマップが出来ました!

宇都宮市ビル転落死の作業員2人、死因判明

16日に宇都宮市内のビル工事現場で発生した作業事故について調べている宇都宮中央警察署は、19日、転落して死亡した作業員2人の死因を発表しました。

それによりますと、足利市の31歳の会社員は頭蓋内および胸腔内臓器損傷、またベトナム国籍で足利市の36歳の技能実習生、頭蓋内損傷であることが、司法解剖の結果、判明しました。
 
2人は今月16日の午後2時半ごろ、宇都宮市大通り2丁目のビルで、別の作業員2人と合わせて4人で外壁補修工事の足場を組む作業をしていた際、高さおよそ11メートルから転落しました。

警察で現在事故の詳しい原因を調べています。