News CRTニュース

2018年08月10日

SL大樹の1周年祝う

日光市内を走る東武鉄道の鬼怒川線で去年8月、51年ぶりに復活したSL(蒸気機関車)「大樹」の営業運行1周年を記念する式典が10日、鬼怒川温泉駅で開かれました。

式典では、東武鉄道の都筑豊鉄道事業本部長が「1周年を迎えられたのは皆さまの支援のたまもの。これからも一人でも多くの方に楽しんでもらえるよう取り組んでいきます」とあいさつし、沿線で列車に手を振る活動に参加するなど、SL事業を支援した住民に感謝状が贈呈されました。

その後、日光市の大嶋一生市長らがホームでくす玉を割り、SL大樹が汽笛を鳴らして出発し、詰めかけた多くのファンが見送りました。

SL大樹は6両編成で土日や祝日を中心に、鬼怒川温泉駅と下今市駅の間のおよそ12キロで運行しています。
BACK