News CRTニュース

2018年10月12日

県教委、来年度異動方針を発表

県教育委員会は、来年度の公立学校職員の定期異動方針について発表しました。

それによりますと、異動では人材を抜てきして人事の刷新を図る、小学校、中学校、義務教育学校間、それに高校と特別支援学校間の人事交流に努めるといった方針を掲げています。

また、新規採用職員については、地域と学校間の職員構成を考慮して、適正に配置する方針です。

県教育委員会では「適材を適所に配置して、職員組織の充実と職員の勤務意欲の高揚、資質の向上を図る」としています。
BACK