News CRTニュース

2019年09月12日

作新、甲子園の戦い報告

夏の高校野球栃木大会を9連覇し甲子園大会でベスト8に進出した作新学院硬式野球部が11日、県庁や栃木放送を訪れ甲子園での戦いなどを報告しました。

県庁や栃木放送を訪れたのは、硬式野球部の小針崇宏監督、3年生の石井巧キャプテン、エースの林勇成投手、外野手の福田真夢選手、それに新しいチームのキャプテンで2年生の横山陽樹選手です。

夏の栃木大会を9連覇した作新学院は、甲子園大会で3年ぶりに初戦を突破し、ベスト8に進出しました。

2年生を中心とした新しいチームは今月14日、秋の栃木県高校野球大会の初戦を迎え、2回戦で足利清風と対戦します。

また今月29日には、3年生も出場して茨城県で行われる国民体育大会の1回戦で甲子園大会を制した大阪の履正社と対戦します。
BACK