News CRTニュース

2019年10月10日

電話応対でコンクール

電話応対コンクール栃木県大会が9日、宇都宮市内のホテルで開かれ、大塚商会の早乙女悠人さんが優勝し、全国大会に出場することになりました。

この大会は、日本電信電話ユーザ協会栃木支部が主催して毎年開いているもので、ことしで33回目です。

今回の大会は、取引先の客から「担当者に送ったメールの返信がない」との電話を受け、客の用件を把握して担当者の携帯電話に留守番電話を残すという設定で行われ、参加した162人のうち、録音審査を勝ち抜いた48人が日ごろの練習の成果を披露しました。

審査の結果、優勝には大塚商会の早乙女悠人さんが選ばれました。男性の優勝は16年ぶりということです。

準優勝は、東京ガス株式会社宇都宮支社の大久保瞳さん、優秀賞には、那須塩原市役所の秋元由香利さんら10人が選ばれました。

優勝した早乙女さんは来月22日、東京で開かれる全国大会に出場します。
BACK