News CRTニュース

2019年11月08日

11月補正予算が可決

画像左上
栃木県議会は8日、臨時会議を開き、577億円余りの11月補正予算案を原案通り可決しました=写真

今回の補正予算は、台風19号による被災者への支援と甚大な被害を受けた公共土木施設などの復旧に対処するとして編成されました。

補正額は、577億2979万円で、これはリーマンショック後の2009年9月に組まれた補正予算の762億円に次ぐ規模です。

県立学校の復旧経費としておよそ14億円や、被災者の一時入居先とする県営住宅37戸の修繕費におよそ4200万円を盛り込んでいます。

福田富一知事から議案が提出された後、所管の常任委員会で審査が行われました。

審査の結果を踏まえ採決を行い、議員全員一致により11月補正予算案は原案通り可決されました。
BACK