News CRTニュース

2019年12月03日

栃木GBに成瀬投手が入団

プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスは、小山市出身で、ロッテなどで活躍した成瀬善久投手34歳が、コーチ兼任で入団すると発表しました。

成瀬投手は、小山市立桑中学校から神奈川の横浜高校に進み、2004年にロッテに入団すると、左投げのエースとして、2007年、最優秀投手と最優秀防御率に輝きパ・リーグ2位とクライマックスシリーズ進出に貢献しました。

その後、2015年にヤクルトに移籍して4シーズンプレーし、ことしはオリックスでプレーしましたが1年で戦力外通告を受けました。

プロ野球では通算96勝を挙げています。

成瀬投手のブレ―ブスでの背番号はロッテに入団した当初と同じ60で、成瀬投手は、球団を通じて「地元・栃木で野球をさせていただくことになりました。 これから多くの地域貢献をし、野球の魅力を子どもたちに伝えていきたいと思います」とコメントしています。
BACK