News CRTニュース

2021年04月08日

県内24人感染、宇都宮の保育施設でクラスター

栃木県と宇都宮市は7日、新たに24人の新型コロナウイルスの感染を確認したと発表しました。発表の内訳は、県が15人、宇都宮市が9人です。

これで県内の感染確認は合わせて4825人となりました。

市と町別では、宇都宮市が9人で、このうち宇都宮市内の保育施設で、3人の職員と3人の利用園児の合わせて6人の感染が確認され、宇都宮市はクラスター(感染者の集団)が発生したと認定しました。

県内のクラスターは50例目です。

そのほか、小山市で6人、栃木市と矢板市でそれぞれ2人、足利市、佐野市、鹿沼市、野木町、それに茨城県に住んでいる人からそれぞれ1人の陽性が確認されました。

また県は既に感染が確認された10歳未満から40代の男女6人から変異株が確認されたと発表しました。これで、県内での変異株の確認は26人となりました。

県内の新型コロナウイルス感染確認は4825人となり、4578人が退院しています。療養者は247人で、そのうち宿泊療養は118人、自宅療養は24人です。入院調整中は15人となっています。入院は予定を含め90人、そのうち重い症状の患者は2人となっています。
BACK