News CRTニュース

2021年06月11日

県内32人感染、変異株は19人確認

栃木県と宇都宮市は10日、新たに20代から80代の男女32人の新型コロナウイルスの感染を確認したと発表しました。発表の内訳は、県が11人、宇都宮市が21人です。

県によりますと、このうち小山市の70代と40代の女性は、既に陽性が判明していた70代男性の同居家族です。

また県は、既に陽性が分かっていた20代から70代の男女19人が変異株に感染していたことも発表しました。県内での変異株の確認は、累計で788人となりました。

県内の新型コロナウイルス感染確認は6603人となり、そのうち6353人が退院し入院などで療養している人は250人です。

この250人の療養者のうち宿泊での療養者は58人、症状が軽いか無症状で子育てなどの家庭の事情により自宅で療養している人は26人です。

入院調整中は29人となっています。

入院は予定を含め137人、そのうち重い症状の患者は1人減り9人となっています。
BACK