News CRTニュース

2017年10月04日

宇大付属中でダンスパフォーマーを招いて授業

画像左上
宇都宮大学附属中学校で4日、世界的なダンスパフォーマーを招いたダンスの授業が行われ、生徒たちはキレのあるリズムダンスに汗を流しました=写真

生徒たちは、保健体育の授業の中の「現代的なリズムのダンス」を学ぶため、全米ダンスコンペティションで優勝経験がある宇都宮市在住の山本來未さんを今回、講師として初めて招いて指導を受けたものです。

授業は1年生の男子を対象に、型にとらわれず、個性豊かに自己表現をさせようという狙いで、軽快な音楽に合わせ感性豊かなパフォーマンスを繰り広げました。

宇都宮大学附属中学校では、山本さんが行った指導法を今後の保健体育の授業に生かしたいとしています。
BACK