News CRTニュース

2017年10月24日

県文化功労者に邦楽の和久さん

栃木県は24日、今年度の県文化功労者に日光市在住の邦楽演奏家、和久文子さんが決まったと発表しました。

和久さんは19歳で日本屈指の筝(こと)の演奏家、沢井忠夫氏と沢井一恵氏の教えを受け、1979年の沢井忠夫合奏団の結成時からプロとして活動を始めました。

その後、長年にわたり筝曲の可能性を追求しながら、ジャズや交響楽団、舞踊のアーティストと連携を図るなど、ジャンルにとらわれず、国内外で広く演奏活動をしています。

また、日光市文化協会会長、宇都宮市文化協会副会長などを務め、邦楽の発展に寄与されているほか、とちぎ未来大使として栃木県の文化振興に力を尽くしています。

県文化功労者の表彰式は来月8日、県公館で行われます。
BACK