News CRTニュース

2017年11月01日

「瑞宝会」の25歳の元職員の女を追起訴

宇都宮市の知的障害者支援施設暴行事件で宇都宮地方検察庁は31日、異動先の施設でも入所者に暴行したとして、暴行罪で施設の運営法人「瑞宝会」の25歳の元職員の女の被告を追起訴しました。

起訴状によりますと、追起訴された女は今年8月23日、栃木市の障害者支援施設で入所者の50代の女性の顔を平手打ちし、腰に膝を押し付けるなどの暴行を加えたとしています。

被告の女は宇都宮市の施設で、今年4月に入所者の28歳の男性に骨折などの重傷を負わせたとして起訴されています。
BACK