News CRTニュース

2017年11月03日

秋の叙勲県内は63人

ことしの秋の叙勲が発表され、栃木県から63人が受章しました。

受章したのは、さまざまな分野で顕著な功績を挙げた人に贈られる旭日章が13人、長年にわたり国や公共的な仕事に従事し、功労のあった人に贈られる瑞宝章が50人の合わせて63人です。

このうち、旭日小綬章は元矢板市長の遠藤忠さん77歳など4人、旭日双光章では、栃木市の元栃木県料理業生活衛生同業組合理事長の飯沼友吉さん85歳をはじめ4人が受章し、さらに旭日単光章では宇都宮市の元ヤマゼンコミュニケイションズ社長の山本征一郎さん78歳など5人が受章しています。

また瑞宝章では瑞宝重光章に1人瑞宝中綬章に2人、瑞宝小綬章が6人、瑞宝双光章が17人、瑞宝単光章が24人となっています。

このほか、県外に住んでいる栃木県出身者では、瑞宝章に4人が受章しました。
BACK