News CRTニュース

2017年11月07日

糖尿病の啓発へ宇都宮タワーをブルーにライトアップ

毎年11月14日は「世界糖尿病デー」です。

栃木県では、今月を「糖尿病予防・重症化防止強化月間」として、7日から宇都宮市の宇都宮タワーを糖尿病のシンボルカラーである「ブルー」でライトアップさせます。

県民の糖尿病への関心を高め、予防や治療について考える機会とするために行うもので、7日午後5時から9時までライトアップされます。

また、来週13日からは、足利市の史跡足利学校と栃木県庁昭和館でも「ブルー」のライトアップが始まります。
BACK