News CRTニュース

2017年11月10日

栃木ブレックスの長谷川監督が退任

バスケットボール男子のBリーグで昨シーズン初代王者となったリンク栃木ブレックスは10日、長谷川健志監督57歳が10日付で退任したと発表しました。

体調不良が理由で、新しい監督にはアシスタントコーチだった安斎竜三氏37歳が就任しました。

長谷川前監督は青山学院大学の監督を経て、2014年4月に日本代表監督として指揮を執りました。

若手選手の育成には定評があり、2015年のアジア選手権では9大会ぶりにベスト4入りし、去年のリオデジャネイロオリンピック世界最終予選に進みました。

栃木ブレックスとは今シーズンから3年契約を結んでいましたが、オフに主力選手が移籍などで流出し、チームはここまで4勝9敗で東地区最下位と苦戦しています。
BACK