News CRTニュース

2017年11月15日

「全国アビリンピック栃木大会」17日開会

全国アビリンピック(全国障害者技能競技大会)が17日、宇都宮市で開会します。

アビリンピックはアビリティ(能力)とオリンピックを合わせた造語で、障害のある人が就職して自立するという考え方を広め、雇い主や社会全体に理解してもらおうと開かれます。

今回の大会は、機械CAD、電子機器組み立て、喫茶サービスなど22の種目が行われ、およそ350人の選手が参加します。

17日は、県体育館で開会式が開かれ、競技は18日、マロニエプラザ、宇都宮市体育館、それに宇都宮青葉高等学園の3つの会場で行われます。

また、若者の技能レベル日本一を競う「技能五輪全国大会」は、今月24日から27日までの4日間、県内17の会場で開かれます。
BACK