News CRTニュース

2017年11月22日

県内商工4団体が知事要望

画像左上
栃木県商工会連合会など県内4つの商工団体は22日、福田富一知事に中小企業・小規模事業者の成長・持続的発展のための要望書を手渡しました=写真

今回提出された要望書は、「中小企業対策予算などの確保」「人材確保と人材育成支援」など10の項目について要望しています。

その中で、来年4月に始まるデスティネーションキャンペーンの期間中、JR北海道新幹線「はやぶさ・はやて」の宇都宮駅への1本でも多い停車を要望しています。

22日は、県商工会連合会の福田徳一会長らが県庁を訪れ、福田知事に要望書を手渡しました。

福田知事は「趣旨を十分踏まえ、県政の推進に生かしたい」と述べました。

このあと、福田会長らは、県議会の小林幹夫議長にも要望書を提出しました。
BACK