News CRTニュース

2017年11月29日

さくら市は大麻所持容疑で逮捕の男性職員を懲戒免職処分

さくら市は、大麻を所持していたとして逮捕された男性職員を29日付で懲戒免職の処分としました。

免職の処分を受けたのは、45歳の男性職員です。

さくら市によりますと、男性職員は先月28日に大麻を所持していたことにより、大麻取締法違反の疑いで警視庁巣鴨警察署に現行犯逮捕されました。

さくら市の花塚隆志市長は「今回の事件を重く受け止め、あらためて一人ひとりの職員が公務員としての自覚を持って行動し、信用失墜につながる行為を慎むよう、周知徹底を図り、再発防止に努めてまいります」とコメントを出しました。
BACK