News CRTニュース

2024年02月01日

不祥事で宇都宮市職員2人懲戒処分

宇都宮市は1日、男女2人の職員を懲戒処分としたと発表しました。

宇都宮市の人事課によりますと、懲戒処分となったのは、保健福祉部の50代の男性係長と保育園勤務の20代の女性保育士です。

男性は去年12月、職場の忘年会で部下の職員1人に対して腕をつかんだり、引っ張るなどの暴力をふるい、「お前ふざけるなよ」などの暴言を吐いたということで、停職1カ月の処分を受けました。

また、女性は2021年の4月から去年の12月にかけて、市内外の2つの性風俗店で合わせて69日間勤務し、およそ155万円の収入を得ていたとして、停職3カ月の処分を受けました。なお、この女性職員からは退職願の提出があり、1日付で退職しました。

今回の不祥事について、佐藤栄一市長は「市政に対する信頼を大きく損ねるものであり、深くお詫び申し上げます。事態を重く受け止め、市民の信頼を取り戻すべく、わたしが先頭に立ち、職員の意識改革に全力を尽くしてまいります」とのコメントを出しました。
BACK