News CRTニュース

2017年12月26日

日光市のホテルの社員食堂でガス爆発 従業員1人やけど

26日午後、日光市にあるホテルの社員食堂でカセットボンベのガスが漏れて爆発し、従業員1人がやけどをしました。

26日午後0時45分ごろ、日光市湯本にあるホテルの社員食堂で、空のカセットボンベから漏れたガスが何らかの原因で引火、爆発し、一瞬火の手が上がりました。

このため、43歳の男性従業員が右頬にやけどをしたほか、社員食堂の出入り口のガラス1枚が壊れました。

爆発の原因など詳しいことは日光警察署で調べています。
BACK