News CRTニュース

2018年01月22日

雪のピークは22日の夜はじめごろから夜遅くにかけて

画像左上
栃木県地方は雪が22日昼過ぎから降り始めましたが、宇都宮地方気象台によりますとピークは22日の夜はじめごろから夜遅くにかけてで、23日午前6時までの降雪量は多いところで山沿いが30センチ、平野部で15センチを見込んでいます=写真

気象台では雪による路面の凍結や交通障害、電線や樹木への着雪、傾斜地でのなだれ、ビニールハウスの倒壊に注意を呼び掛けています。

宇都宮市の商店街を歩いていた人たちは「あす朝の路面凍結が心配です」と話していました。

これまでで、最も多い県内の積雪記録はいずれも2014年2月15日に観測した日光市土呂部で129センチ、那須高原で88センチ、宇都宮で32センチとなっています。
BACK