News CRTニュース

2018年01月23日

真岡の「くるま橋遺跡」で来月3日、現地説明会

とちぎ未来づくり財団・埋蔵文化財センターが真岡市石島地内で発掘調査を行っている「くるま橋遺跡」の現地説明会が来月3日、行われます。

くるま橋遺跡は、古墳時代から平安時代にかけての村の跡で、当時の竪穴住居の跡やさまざまな種類の土器が多数見つかっています。

県文化財課によりますと、特に今回の調査では県内でも珍しい銅でできた仏像が発見されました。

現地説明会は事前の申し込みは必要なく、午前10時半からと午後1時半からの2回、二宮コミュニティセンターから歩いて15分ほどにある発掘調査の場所で行われます。

詳しくは、とちぎ未来づくり財団・埋蔵文化財センター、電話0285・43・1971までお問い合わせください。
BACK