News CRTニュース

2018年01月27日

冬型の気圧配置が続く影響で27日の日本列島は全国的に厳しい寒さ

冬型の気圧配置が続く影響で27日の日本列島は全国的に厳しい寒さとなっています。

冬型の気圧配置は次第に緩む見通しですが、山間部は雪が続きそうで気象台は山沿い積雪地帯の雪崩や除雪中の事故に注意を呼び掛けています。

宇都宮地方気象台によりますと、27日朝の最低気温は塩谷で氷点下12・6度と県内で1番冷え込んだのをはじめ、真岡と那須烏山で氷点下12・3度、黒磯氷点下10・8度、大田原と奥日光で氷点下10・6度を記録するなど各地で厳しい冷え込みとなりました。

日中の気温は26日より高くなりますが、それでも真冬らしい厳しい寒さとなる見込みで、寒さ対策に注意するよう呼びかけています。
BACK