News CRTニュース

2018年02月09日

SL「大樹」の下期運転日を公表

東武鉄道は9日、日光市の鬼怒川線を走るSL(蒸気機関車)「大樹」の2018年度下期の運転日を公表しました。

それによりますと、10月から来年3月までの下期は土曜、日曜、休日を中心に55日間運転するほか、12月から来年2月上旬はSLの定期検査が予定されていることから、通常は補助機として連結しているディーゼル車を先頭にして24日間、客車をけん引するということです。
BACK