News CRTニュース

2021年11月25日

県G7閣僚会合を日光に誘致へ

画像左上
栃木県は25日、再来年の2023年に日本で開催が予定されているG7サミット=先進7カ国首脳会議の関係閣僚会合を日光市へ誘致すると発表しました。

25日の定例記者会見で福田富一知事が正式に表明したものです=写真

それによりますと、会場は日光市の中禅寺湖畔を想定しており、豊かな自然や世界遺産があり、国際的な避暑地であることなどを挙げ、さらに、国際会議が開ける環境が整ってきたとしています。

どの分野の関係閣僚会合かは決まっていませんが、福田知事は「あの地にふさわしい閣僚会合を誘致できるよう取り組んでいく」と述べました。

県は来月20日までに、外務省に誘致計画を提出します。そして、来年1月から3月に現地調査が行われ、春には候補地が明らかになる予定です。

これまで県は2008年にAPEC(アジア太平洋経済協力会議)、2014年にG7で県内への誘致をしてきましたが、いずれも実現はしませんでした。

今回のG7関係閣僚会合が日光市で開催されると、県内では初めての世界的な会議となります。
BACK