News CRTニュース

2017年10月25日

宇都宮市の女性が孫を名乗る男からの電話で200万円をだまし取られる

宇都宮市に住む75歳の女性が孫を名乗る男からの電話で現金200万円をだまし取られ、警察は特殊詐欺事件として調べています。

宇都宮中央警察署によりますと、24日午後3時半ごろ、宇都宮市に住む75歳の女性の自宅に孫を名乗る男から電話があり「世話になっている人が、僕の名前の株で会社の金を使い込んだらしい。このままだと名前が出てしまう。弁護士がお金を取りに行くから外に出て」などと言われました。

電話の内容を信じた女性は、指定された自宅近くの歩道に出て、弁護士を名乗る男に現金200万円を手渡してだまし取られたものです。

その後、女性が孫に確認したところだまされたことに気づいたということです。

警察は特殊詐欺事件として調べています。 
BACK