News CRTニュース

2017年10月26日

ドラフト会議で県内関係は田嶋大樹投手がオリックスに石川翔投手が中日に

プロ野球のドラフト会議が26日東京都内で開かれ、栃木県関係の選手では佐野日大を卒業し社会人野球のJR東日本でプレーした田嶋大樹投手がオリックスに1位で指名されました。

また、青藍泰斗の石川翔投手が、中日に2位で指名されました。

オリックスに指名された田嶋投手は宇都宮市生まれで、高校時代は佐野日大のエースとして2014年のセンバツ大会でのベスト4進出に貢献しました。夏の甲子園は逃しましたが、JR東日本に入り、左から繰り出す150キロ以上のストレートとキレのあるスライダーが冴え日本代表としてアジア選手権などで好投しました。

また中日に指名された石川投手は東京都生まれで、甲子園の出場経験はありませんが球速150キロ以上のストレートを武器に夏の栃木大会では4試合で29個の三振を奪いました。
BACK