News CRTニュース

2018年01月31日

県内学校のいじめ問題で対策連絡協議会開かれる

画像左上
県内の学校におけるいじめの防止で関係機関と関係団体との連絡調整などを行う「いじめ問題対策連絡協議会」が31日、県庁で開かれました=写真

31日は今年度最後の会議で、県教育委員会から県内のいじめの現状と先月改定された「県いじめ防止基本方針」などについて報告がありました。

このあと、「子どもたち自身がいじめの問題について考え、行動するためには」をテーマに話し合いが行われました。

出席した委員からは「いじめてしまうとみんなが不幸になってしまうというのを、画像とかで見せる教育ビデオをつくるべき」という提言や「いじめの問題について考えていく機会をつくり、児童、生徒同士で話し合うことが重要」といった意見が出されました。

県教育委員会のまとめによりますと、県内の公立学校では2016年度にいじめが4262件認知されています。
BACK