News CRTニュース

2017年11月09日

県高野連は来春のセンバツ大会の21世紀枠の候補に青藍泰斗を推薦

栃木県高校野球連盟は9日、来年春のセンバツ高校野球大会の21世紀枠の候補に、青藍泰斗を推薦したと発表しました。

栃木県高野連によりますと、青藍泰斗を推薦した理由を「ここ数年、成績が優秀ながら、強豪校に惜しくも敗れるなどして甲子園出場の機会に恵まれないため」としています。

青藍泰斗は佐野市にある私立校で、夏の栃木大会では、ここ数年ベスト8以上の好成績を残しています。

また、センバツ大会につながることし秋の栃木県大会ではベスト4に進出しました。

しかし、甲子園は校名が変更される前の葛生時代、1990年の夏に初出場したのを最後に遠ざかっています。
BACK